読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▷ふりだしにもどる

人生脱落しそうな欠陥人間のバンコク欠陥ライフ

Fantastic Beast and Where to Find Them 4DX初体験

ハリーポッターと賢者の石が発売されたのは小学生のときでした。

すっかり虜になったわたしは新刊が出るたびに夜更かし。

親に怒られてもベッドで懐中電灯使って一気に読破するような子供でした。

その影響もあり、イギリス好きにも拍車がかかり、ロンドンに留学し、キングスクロスに住んでたことでわたしの全人生のLuck全て使い切ったんでしょうね。

まぁそんなこんなで、新シリーズも楽しみにしてました。

 

Fantastic Beasts and Where to Find Them

ファンタスティックビースト 幻の生物とその生息地

タイでの公開は11月17日(木)

 

忙しくて疲れた週やったし、今度平日休みの空いてるときに行こうと思ってたけど、17日はそわそわして、18日も仕事中に近隣シネマの空席状況見ながら週末の予定考え、結局ええい、と勢いでその日のチケットをポチッ。

 

4DXがずっと前から気になってたものの、4DXで観たいと思う映画がなくて、未体験でした。

ちなみに3Dは頭痛くなるから好きじゃない。

でもHPシリーズが4DXで体験できるのは、大きいでしょう。

しかも日本に比べて安いし。

いろいろ調べて候補をParagonかCentral Worldに絞り、時間とか空席調べた結果、Central Worldに。

Major ParagonTHB500かTHB600か、席によって値段変わる。

SFのCentral Worldは一律490で、オンライン予約がTHB10、計THB500

席だけ取って現地で支払いもOKやけど、その場合は上映の45分前に着かなあかん。

わたしは仕事後直行したからクレカで先払い。

オンライン決済したらメール届いて、窓口でチケット交換

 

上映10分前に着いたら金曜ってこともあり、チケットブース長蛇の列…

BOOKING VIA PHONEの優先レーンと4DXとExpressレーン発見したけど4DXレーンは係員おらず、まぁいいやと思って隣のExpressレーンに。

私の前に二組おって、1組目のおじさんが遅い遅い。

10分くらい待って、おじさんとわたしの間におったアイラインの濃いお姉さんがイライラし始めて、わたしを振り返り、わたしがタイ人じゃないと気づき、「Express Lane」指差してやれやれ、って感じに目配せ。笑

長いおじさん終わったらお姉さんはすぐチケット買ってわたしもメール見せたらすぐチケットくれてシアターに◎

 

じゃじゃーん!

f:id:maruchan160728:20161121094835j:image

 

チケット切ってくれるところで3Dメガネ受け取り、CM始まってるシアターへ。

椅子4連セットで動くタイプ。

4DXを華金に一人で観るのわたしぐらいかと思ってたけど案外おった。おじさんからお姉さんまで。 

 

 

ここからはファンタビの感想。

※ネタバレ注意

 

 

まず、箒で飛ぶシーンないから4DXじゃなくていい。

4DXいいシーンもあったけど、肩がぶつかるだけで衝撃でかすぎるし、あとくさい。

パンが超人工的なにおいでくさかった。笑

4DX楽しみたいならUSJ行くわって感じ。

全体的にもう一回じっと座って集中して観たいわって思った。

 

ストーリーは、やっぱJKローリングらしく、素敵なファンタジーの中に深いストーリーが織り込まれてて、それぞれのシーンの切り替えのタイミングとかすごいよかった。

銀行でのハラハラシーンとか、みんなよく知ってるアロホモーラで銀行のあんな大きな金庫開いてしまうとか、ニュートのスーツケースの中の世界観とか、ティナの家の中で魔法飛び交ってるシーンとか、もううっとり。

ニュートがサイみたいな魔法生物をバッグに戻すために全身全霊でサイになりきるシーンとかも最高やし。

それとは逆にクリーデンスの闇のシーンがまた深くて、足バタバタしたくなるような感覚。

 

個人的に残念なのは、舞台がニューヨークってこと。

わたしはハリーポッターのあのBritish Britishした世界が好きやったから、ハリーポッターシリーズでAmericanアクセントの比率が高いのはなんか残念。

エディはレミゼの印象強くて、なんかフランス人に見える。

調べたらロンドン生まれのイートン校卒業生っていうバリバリのBritishやったけど。

 

あと、ジョニーデップはなんで出演するの??

ジョニーデップは好きやけど、個人的にジョニーデップの作品は全部ジョニーデップの世界観に持って行かれる気がして、キムタクドラマ的な?ジョニーデップ自身は好きやけど、ファンタビはJKローリングの世界観で、そんな主役級大物俳優持って来なくても素晴らしい世界が成り立つのに、なんか残念。

まぁダンブルドアの恋のお相手らしいから今後のシリーズに期待ですかね…。

 

100点ではなかったけど、それは期待値が高いからで、ほんまにすごい良かったし、この作品の個人的MVPはジェイコブですね。

ノーマジ(マグル)であそこまで魔法界に触れた彼にジェラシー感じるけど、あの純粋な反応とか、すぐに溶け込んでしまった感じとかね。

クイニーもすっごく可愛くて

ハリーポッターでよく登場するマグルはあのダーズリー家やったし、今回はマグルも重要な良い役で登場して良かった◎

最後のパン屋さんのシーンもう泣きそうやったし。

彼は次作以降も登場するんかな?期待。